痔の最高の治療は自分で改善して完治すること!

スポンサーリンク

痔の手術って何があるの?

多くの日本人は痔になりますが、自分で痔を治す方法を知りません。

 

ですので、「痔になる=手術をしないと治らない」というイメージが多いです。

 

 

痔の手術をすれば、痔からは一時的に解放されます。

 

 

しかし、何故自分が痔になったのか?という正しい知識もないまま手術をしたとしても

 

いつ、また再発するかわからないのです。

 

痔の治療と手術
意外かもしれませんが、痔になった人は再手術をする人も多いのです。

 

 

痔と診断されて、仮に手術が必要な場合でも、まずは生活習慣などを改善し、

 

手術によらない治療法を行い、経過を見守り、改善されない場合にのみ手術をおこないましょう。

 

 

痔に関して手術をするのは、本当に最終手段の治療方法ですよ。

 

 

 

痔の手術は病院によって違いますし、医師の得意・不得意がありますので、

 

もし手術をするのであれば、しっかりと痔の手術の実績のある病院を選ぶと良いでしょう。

痔の手術が必要になる場合

痔ろう

 

内痔核の第三〜第四段階(脱肛が自然に戻らない状態)

 

切れ痔の慢性潰瘍性裂肛

 

重要

痔の手術して取り除いたからと言って、安心してはいけません。

 

手術はその場限りの治療方法であって、根本的な治療や将来の予防ではありません。

 

 

手術をしたから終わりでなく、再発しないようにする始まりでもあります。

 

 

痔は血行不良、筋肉の強張り、自律神経の乱れからくる、あなたの体の悲鳴が本来の原因ですから、

 

正しい知識のもと、治療効果が高いエクササイズを実施することで、痔にならない体を作っていくことが大切です!

痔を完治するポイントは !?

1.直腸下部の血行不良
2.肛門の筋肉の強張りや筋肉の低下
3.自律神経の乱れ

この3つを改善して初めて、痔を改善することが可能になるのです。

スポンサーリンク
page top