痔の治療において手術の費用を説明します。

スポンサーリンク

痔の手術の費用

手術の費用(日帰り)

 

日帰り手術の費用は、病状や手術処置内容により異なります。

 

保険医療機関の場合、3割負担であれば目安としては以下のようになります。

 

 

痔の日帰り手術23,000円〜約48,000円

 

 

日帰り手術のメリットは社会生活に支障をきたさないことや、医療費が比較的安いことです。

 

入院した場合と比較すると、約1/2〜1/3の費用で済みます。

 

 

実質の自己負担は約2〜4万円と見ておくと良いでしょう

 

 

あと手術する上で診察時に診察料がかかります。

 

また、心電図、胸部レントゲン写真、腹部エコーや採血などの術前検査料がかかります。

 

 

術前検査料は約1万円程度かかるでしょう。

 

 

入院する場合はベッド代や食事代、個室の場合は個室使用料などが加算されます。

 

 

手術の費用(痔ろうや根治手術)

 

症状が軽い場合は日帰り手術も可能で、負担も少ないですが、

 

痔ろうやいぼ痔や切れ痔の悪化した段階になると、手術の種類や時間もかかります。

 

 

また手術後は原則入院(最短3日〜長くて2週間)することになりますので、その分費用がかかります。

 

 

診察・検査・レントゲン・手術・入院など総合的に最終合計金額は、

 

保険が適応できる病院であれば10万位で済みますが、自由診療の病院ですと20〜30万かかります。

 

 

もし入院保険に加入していた場合、痔の種類によって給付されない場合があります。

また健康保険(社会保険)は適応されても、手術の内容によっては医療保険は適応外になります。

多くの医療保険は根治手術は給付してくれますが、一般の手術は適応外が多いです。

 

手術する場合は医師とよく相談し、また加入している保険会社に問い合わせをして
実際に給付対象なのか確認をして手術を受けるようにして下さい。

痔を完治するポイントは !?

1.直腸下部の血行不良
2.肛門の筋肉の強張りや筋肉の低下
3.自律神経の乱れ

この3つを改善して初めて、痔を改善することが可能になるのです。

スポンサーリンク
page top