痔の治療は排便時にお尻と会話をすることです。

スポンサーリンク

排便の度に自分のお尻と会話することが大切!

お尻は汚いところでしょうか?

 

排便のイメージが強いと汚いと思うかもしれませんね。

 

「汚いから手で触ることはしない」という方は、痔を根本的に治療することは出来ませんよ。

 

 

例えば、あなたが事故にあったとしましょう。

 

その時に足を大怪我をしてしまい、傷口から血が沢山流れ出てるとしますよね。

 

 

あなたはその傷口を放置しますか?

 

 

いいえ、きっとあなたは傷口を洗ったり、消毒をしたり、ガーゼを当てたりと、

 

これ以上血が流れ出ないようにすると思います。

 

 

痔も同じことですよ。

 

要は傷口が違うだけの話なのです。

 

 

極端な話をしますと、手や足がなくても人間は生きていけますが、

 

お尻(肛門)がなければ、人間は生きていけない大事な器官なんです。

 

 

そう考えれば、おのずと正しい手当が出来るようになりますよ。

 

 

人間は口から取り入れて、お尻(肛門)で排便をします。

 

人間が生きていく上で最も必要な動作であり、大事なことです。

 

 

自分のお尻(肛門)をもっと気を配ってみましょうね。

 

お尻を普段の生活から大切にすることは、最高の事前治療と言えるでしょう。

痔を完治するポイントは !?

1.直腸下部の血行不良
2.肛門の筋肉の強張りや筋肉の低下
3.自律神経の乱れ

この3つを改善して初めて、痔を改善することが可能になるのです。

スポンサーリンク
page top