スポンサーリンク

切開開放術

痔の治療の中で、痔ろうは進行度によっては手術による治療が必要です。

 

切開開放術は、ろう管(膿のトンネル)全体「膿の入り口→膿の元→膿の枝」まで

 

完全に切除するので、痔ろうの手術で、もっとも再発のない根治性のある術式です。

 

【切開開放術の手術方法】

 

膿の管に沿って、膿の入り口から出口まで切り開いて(開放)、

 

そのまま縫合せずに開放のままとする手術方法です。

 

術後の切開開放したあとは、自然に肉が盛り上がってくるのを待つ。

【切開開放術のメリット】

 

■日帰りで手術が出来るケースあり

 

■再発率が一番低い

【切開開放術のデメリット】

 

■括約筋への負担や損傷から、肛門の変形を招くケースあり

 

■肛門機能を低下させる恐れがある

 

※「ろう管の長い痔ろう」や「複雑痔ろう」の場合のデメリットです。

【シートン法】

 

■シートン法は、切開開放術では変形のリスクがある痔ろうに用いられる。

 

■再発率が低く変形のリスクも少ないが、治るまでに時間がかかることがある。

 

■慣れた医師でないと様々なトラブルを抱えます。

 

重要

痔の手術して取り除いたからと言って、安心してはいけません。

 

手術はその場限りの治療方法であって、根本的な治療や将来の予防ではありません。

 

 

手術をしたから終わりでなく、再発しないようにする始まりでもあります。

 

 

痔は血行不良、筋肉の強張り、自律神経の乱れからくる、あなたの体の悲鳴が本来の原因ですから、

 

正しい知識のもと、治療効果が高いエクササイズを実施することで、痔にならない体を作っていくことが大切です!

痔を完治できたエクササイズとは!?

1.直腸下部の血行不良
2.肛門の筋肉の強張りや筋肉の低下
3.自律神経の乱れ

この3つを改善して初めて、痔を改善することが可能になるのです。

私は千里堂式改善メソッドを継続してエクササイズした結果、痔の症状が改善されて、ついに完治しました!


このメソッドの凄さは・・・
副作用がない
痔の手術をしなくて済む
痔の薬を頼らなくても改善や完治が期待できる
テクニックは不要なので、気軽に毎日継続ができる
全身の体調も向上して、生活すべてが快適に向かう
痔が改善したり完治すると、今までの悩みがなくなる


痔の治療で千里堂式の口コミを書いた画像

スポンサーリンク