スポンサーリンク

ICG併用半導体レーザー療法

痔の治療の中で特に内痔核(いぼ痔(イボ痔)に対して、

 

近年注目を集めている手術法がこのICG併用半導体レーザー療法です。

 

【ICG併用半導体レーザー療法の手術方法】

 

切除する痔核に、人体に無害でレーザー光線を吸収する性質がある

 

「ICG(インシド・シアニング・グリーン)」色素を注入し、半導体レーザーを照射し、痔核を切除します。

 

また痔核の下にある肛門括約筋は、

 

切除する痔核に注入したICGがレーザーを吸収してくれますので、影響はほとんどなく、安全です。

【ICG併用半導体レーザー療法のメリット】

 

■術後の痛みが少ない

 

■手術中の出血が少ない

 

■安全性が高い

 

■改善率が高い

【ICG併用半導体レーザー療法のデメリット】

 

■日帰り手術はできず入院が必要(1週間以内)。

 

■術後、患部が腫れることがある。

 

■症例数が少ないため、将来どのような副作用が出るかは未知数。

 

■外痔核には行えない。

 

■この手術だけで内痔核が完治することは難しい

 

重要

痔の手術して取り除いたからと言って、安心してはいけません。

 

手術はその場限りの治療方法であって、根本的な治療や将来の予防ではありません。

 

 

手術をしたから終わりでなく、再発しないようにする始まりでもあります。

 

 

痔は血行不良、筋肉の強張り、自律神経の乱れからくる、あなたの体の悲鳴が本来の原因ですから、

 

正しい知識のもと、治療効果が高いエクササイズを実施することで、痔にならない体を作っていくことが大切です!

痔を完治できたエクササイズとは!?

1.直腸下部の血行不良
2.肛門の筋肉の強張りや筋肉の低下
3.自律神経の乱れ

この3つを改善して初めて、痔を改善することが可能になるのです。

私は千里堂式改善メソッドを継続してエクササイズした結果、痔の症状が改善されて、ついに完治しました!


このメソッドの凄さは・・・
副作用がない
痔の手術をしなくて済む
痔の薬を頼らなくても改善や完治が期待できる
テクニックは不要なので、気軽に毎日継続ができる
全身の体調も向上して、生活すべてが快適に向かう
痔が改善したり完治すると、今までの悩みがなくなる


痔の治療で千里堂式の口コミを書いた画像

スポンサーリンク