スポンサーリンク

なぜ乳幼児があな痔(痔ろう)になるのか?

なぜ乳幼児があな痔(痔ろう)になるのか?

 

幼児も痔になる原因を書いた画像

 

痔は大人だけがなる病気と思われがちですが、子供(赤ちゃん・小児)がなる場合もあります。

 

 

ただ子供がなる場合のほとんどは痔ろうで、「幼児痔ろう」と呼ばれています。

 

 

乳幼児の痔ろうの特徴

 

■女児には少なく男児に多い

 

■生後〜1歳頃になる場合が多い

 

 

生後1?3カ月の赤ちゃんにみられる痔瘻で、大人の痔瘻とは異なります。

 

 

特徴としては、男の子にだけみられ、痔瘻のタイプが単純で痔瘻の管が浅く直線的であり、

 

 

大人の痔瘻は肛門の後方に多いのに対して、痔瘻のある場所が側方に限られています。

 

 

幼児痔ろうの原因

 

 

幼児痔ろうの原因は現在ハッキリと特定されていません。

 

 

大人の痔瘻は肛門陰窩(いんか)からの細菌(大腸菌など)が侵入して化膿が原因ですが、

 

乳幼児痔瘻は男の子に発生することが多いところから、ホルモン因子が関与していることが想像されます。

 

 

おむつを着けていることで蒸れてしまい、かぶれの部位に感染が生じ、

 

感染が肛門陰窩に逆に及んで難治性の瘻管(ろうかん)になるのではないかという考えもあります。

 

 

 

 

乳幼児の痔ろうの症状

 

幼児痔ろうの症状

 

幼児が痔ろうの症状

 

■肛門周辺から膿が出る

 

■患部が赤く腫れる

 

■排便時に痛がる

 

■発熱をする

 

 

まず肛門の側方、右や左が腫れてきて皮膚は真っ赤になります。

 

自然と破れたり切開して膿が出ると熱や発赤が治まります。

 

出口がふさがり、治ったと思うとまた腫れるきて膿がたまる、といったことを繰り返します。

 

 

痔ろうの特徴の1つである発熱もすることも多く見られます。

 

大人も子供も痔ろうは皮膚の内側が膿んで腫れてしまうので、熱も持ちます。

 

そうすると体のバランスが崩れてしまいますので、発熱を発症してしまいます。

 

 

幼児痔ろうの治療法

 

幼児痔ろうの治療法としては患部を切開して膿を取り出し、

 

オムツを頻繁に取り替えたり、消毒液を使用して清潔に保てば良くなります。

 

 

もし1回で膿が全部出なかった場合は、切開を数回繰り返しますが、

 

療法を根気よく続けることで、1年以内にほとんどが完治します。

 

 

幼児痔ろうは大人の痔ろうに比べて重症化することは滅多にありません。

 

ただ大人のように重症化する場合もありますので、その場合は

 

瘻孔(炎症などによって生じた管状の穴)を切除する場合もあります。

 

 

手術は外来で局所麻酔をして行うこともありますが、

 

入院して全身麻酔のもとでの手術を必要とすることもあります。

 

 

幼児痔ろうに気づいたら、まず何をすべきか?

 

皮膚に発赤がみられ腫れて膿が出たりの繰り返しのようであれば、

 

受診して手術で切開をしてもらうのが良いでしょう。

 

 

ですが、幼児痔ろうは重症化しにくい上に、まだ幼い身体ですから

 

病院側も安易に手術は勧めてこないと思います。

 

 

基本はオムツかぶれを防ぐようにお尻を綺麗に保ってください。

 

お尻をよくお湯で洗い、便が付着したままになるのを防ぎます。

 

そして十分に乾燥させておくようにします。

 

 

下痢は大人の痔瘻と同様によくありません。

 

また発熱をしたり、痔ろうの特徴で皮膚内に熱を持つようであれば入浴は避けましょう。

 

患部は極力冷やすようにすると、症状は緩和されやすくなります。

 

幼児 痔ろう 特徴

痔を完治できたエクササイズとは!?

1.直腸下部の血行不良
2.肛門の筋肉の強張りや筋肉の低下
3.自律神経の乱れ

この3つを改善して初めて、痔を改善することが可能になるのです。

私は千里堂式改善メソッドを継続してエクササイズした結果、痔の症状が改善されて、ついに完治しました!


このメソッドの凄さは・・・
副作用がない
痔の手術をしなくて済む
痔の薬を頼らなくても改善や完治が期待できる
テクニックは不要なので、気軽に毎日継続ができる
全身の体調も向上して、生活すべてが快適に向かう
痔が改善したり完治すると、今までの悩みがなくなる


痔の治療で千里堂式の口コミを書いた画像

スポンサーリンク