スポンサーリンク

痔にボラギノールは有効なのでしょうか?

痔の薬(市販薬)の2大ブランドの1つはボラギノールです。

 

痔のくすりのボラギノールには、、、
Aシリーズ(座薬、注入軟膏、軟膏)と
Mシリーズ(座薬、軟膏)の2種類があります。

 

痔の原因と症状や改善方法
痔の原因と症状や改善方法

 

ボラギノールAとMの違いは一見色違いなだけで、「何が違うの?」となります。

 

薬局の方でもパッと見ただけでは、中身の違いは細かくはわかりにくいのかもしれません。

 

パッケージの説明を見ても同じ内容しか記載していません。

 

ですが、決定的な違いは「ステロイド」が含有されているか、いないかの違いです。

 

 

黄色のボラギノールにはステロイドの「酢酸プレドニゾロン」が含有されている。

 

緑色のボラギノールには非ステロイド(ステロイドは含有されていない)となっています。

 

 

 

ボラギノールAに使用されているステロイド(副腎皮質ホルモン)の種類は、

 

「酢酸プレドニゾロン」という種類を使用しています。

 

ボラギノールAに含有されているステロイド「酢酸プレドニゾロン」の作用は、

 

炎症を抑え、出血、腫れ、かゆみを抑えます。

 

ステロイドは、抗炎症作用が強く、特に腫脹(はれ)に効果があります。

 

ただし、ステロイドは強力な分、副作用の恐れもありますので、長期間は避けてください

ステロイド(酢酸プレドニゾロン)副作用は?

現在、炎症を抑える最も強力な作用をもつ薬で、
ほかにも多くの作用があることから、さまざまな病気や症状の治療に使われています。

 

しかし、作用が強力なため、
大量に使用したり、長期間使用すると、重大な副作用を招く可能性があります。

 

このため、ほかの薬では効果のない重症の場合に使用されるケースがほとんどです。
その場合でも、あくまでも病気の症状を一時的に抑える目的で使われます。

 

 

よく現れる副作用

 

消化不良

 

ときに現れる副作用

 

・視力の低下、
・霧視(むし)(目の前に霧がかかったようになる)
・口の渇き
・頻尿
・食欲の増加
・体重の増加
・神経過敏
・不安
・多幸感(わけもないのに楽しい感じになる)
・睡眠障害など。

 

まれに現れる副作用

 

・発疹(ほっしん)
・小児の発育不良
・腱断裂
・内分泌異常
・血栓症
・皮膚のぜい弱化など。

 

 

 

以上のような症状が現れたときは服用を止め、すぐ医師に報告してください。

 

胃・腹部・背中の痛み、めまい、発熱、食欲不振、筋肉・関節の痛み、

 

吐き気・嘔吐(おうと)、呼吸促進、しゃっくり、異常な疲れ、異常な体重減少、

 

硬膜外脂肪腫(こうまくがいしぼうしゅ)、心筋梗塞(こうそく)、脳梗塞、

 

動脈瘤(どうみゃくりゅう)といった症状が現れたときには服用を中止しましょう。

 

 

こうした症状は重大な副作用の前兆のこともあるからです。

 

 

さらに、副腎皮質ホルモン剤を長期にわたって、あるいは大量に使用していると、

 

むくみやムーン・フェイス(満月様顔貌(まんげつようがんぼう))が現れたり、

 

糖尿病を悪化させたり、感染症にかかりやすくなったり、緑内障、白内障、胃・十二指腸潰瘍をおこしたりします。

痔を完治できたエクササイズとは!?

1.直腸下部の血行不良
2.肛門の筋肉の強張りや筋肉の低下
3.自律神経の乱れ

この3つを改善して初めて、痔を改善することが可能になるのです。

私は千里堂式改善メソッドを継続してエクササイズした結果、痔の症状が改善されて、ついに完治しました!


このメソッドの凄さは・・・
副作用がない
痔の手術をしなくて済む
痔の薬を頼らなくても改善や完治が期待できる
テクニックは不要なので、気軽に毎日継続ができる
全身の体調も向上して、生活すべてが快適に向かう
痔が改善したり完治すると、今までの悩みがなくなる


痔の治療で千里堂式の口コミを書いた画像

スポンサーリンク